f0003598_18150498.jpg
f0003598_18150906.jpg
f0003598_18151203.jpg
f0003598_18160591.jpg
f0003598_18154778.jpg
f0003598_18160652.jpg
f0003598_18160685.jpg
ふと目に止まったあれこれ、
街撮りというのもおこがましいような
使い道のない風景
そんなものも
以前のように、
少しずつでも忘れずに撮りたい。

そんなふうに、
ふと思うのです。

私にとって、写真は自己表現ではないし、
ある意味、記録にもならないけれど、
自分らしく好きなように自由に撮ること
それはとても楽しいから。


by rucolaperla | 2018-09-30 22:22 | ちょこっと散歩 | Trackback | Comments(0)

わが家の日常

f0003598_20244921.jpg
f0003598_20245166.jpg
f0003598_20245461.jpg
なかなかメルを受け入れられないノワ

でも、きっとメルはノワ姉さんが大好きなんだと思う。
だから、もっと仲良くなりたいの。
ふたり時間も長いから。
なので、近くにもよりたいし(フサフサ大きな尻尾はジャラシよね)
ノワがくつろぐ場所は試してみたいし(結果ノワが追い出される)
いくつトイレを用意しても、同じトイレを使いたい(涙)。
それが、オトナなノワには鬱陶しい。
まだ猫生未熟なメルには、理解できないのですよね。

でもね、そんなメルの無邪気さ、暖かさは、
私にとっても、そしてノワにとっても、
大きな希望であることに確信を持っている。
ノワにも、早くそれを感じて欲しい。

Life is beautiful
Cats make me happy!
No cat, no life.

あなたたちに会えて本当によかった。
私の天使たち。

by rucolaperla | 2018-09-26 22:22 | うちの猫 | Trackback | Comments(0)

メルの写真館 2018

f0003598_20201159.jpg
f0003598_20191159.jpg
f0003598_20195286.jpg
f0003598_20205327.jpg
f0003598_20192352.jpg
寝顔、とろとろ、、、

Life is beautiful
Cats make me happy!
No cat, no life.

あなたたちに会えて本当によかった。
私の天使たち。

by rucolaperla | 2018-09-25 22:22 | うちの猫 | Trackback | Comments(0)

メルのこと(母の心配)

f0003598_20125304.jpg
わが家のワルがき、あるいは小悪魔、
でもやっぱり天使なメルは
日々悪さという子猫としては立派な(?)
お仕事に熱心なわけですが
先日は、さすがに生きた心地しなかったワタシ。
間違いなく、お母ちゃんの寿命は縮まった。

連休初日、土曜日の午後7時少し前
メルはいつも以上に甲高い奇声を二つ三つあげ
どうしたかと思い、
顔をみに行くと、キョトンとしている。
3度目の奇声の後、私の前に姿を現し
水分(胃液?)を少し吐いた。
でも、その後は変わらず元気にひとり遊びに興じてる。
1時間ほどの間に奇声吐くを2度繰り返し、
3度目に出てきたのが、1.5cm四方程の小さな布切れに、
1cmほどの細い縫い糸(片方玉結びされているもの)がついていた。
恥ずかしながら、全く記憶にないものだけど、
断捨離中に何処からか出てきたものか、あるいは、
以前洋服か何か、切り刻んだ時に出てきたものが、
どこか家具の下に隠れていたのか。
布ものを扱うのは好きなので、きっとどちらかだとは思うが。

そんなメルだが、吐いた後は、やっぱり元気なのです。
きっと、飲み込んだ異物が胃を刺激して、吐いたのだと想像した。
心配だったのはその後。
お水を飲んで吐く、
食べたカリカリも吐いて
結局何も食べずに寝てしまったのだ。

こういう時は、すぐさま救急病院に行った方がいいのか、
でも、声をかけて目を覚ますと
本猫はいつものキラキラとしたお顔でいる。
とりあえず、脱水症状にならぬよう
スポイトで時々水分補給だけしつつ
朝まで待つことに決めた。

いつも食べすぎてしまう私だけど、
さすがに心配で、夜ご飯もほとんど何も喉を通らなかった。
本当は今すぐタクシー呼んで救急病院へ行くべきなのかもしれない。
でも、色々調べると、今の状況で慌てることはないようにも思ったり。
とにかくそばで過ごせば、すぐ異変に気付くだろうと、
電気はつけたまま、3時すぎにメルを抱きかかえてベッドに入った。
しばらくイイコイイコしながらスマホを見ていたけど、
不覚にも寝落ちしてしまって、
朝、ベッドから少しだけ離れたところに置いたカリカリを食べる音で目が覚めた。
よかった、食欲は戻ったようだ。
お水も飲んだ。そして、もう吐かなかった。
ジャラシを振ると、いつもどおりのジャンプ。
とりあえず、体調は良さそうなので、ひとまず安心。
他にも何か食べた可能性はゼロではないので、
しばらくう○ちは気をつけないと。

それにしても
布を食べるこなんて初めてだ。
ティッシュやトイレットペーパーを遊ぶだけじゃなくて
食べるこもいると知って焦る。
人間の髪の毛も危険らしい。
私の無駄に長すぎる髪、切ったほうがいいのかと悩む。
いずれにしても
もっともっと(家具の下や裏も)念入りに掃除しなくちゃいけなかったんだと反省した。
ジャラシも、出しっ放しは危険だったんだね。

ごめんよ、メル。
でも、もう少しだけお手柔らかにね。
母は心配で病気になりそうだ。

Life is beautiful
Cats make me happy!
No cat, no life.

あなたたちに会えて本当によかった。
私の天使たち。

f0003598_20125136.jpg

by rucolaperla | 2018-09-24 22:22 | Trackback | Comments(0)

頑張ろう北海道

f0003598_20223809.jpg
f0003598_20224651.jpg
f0003598_20224262.jpg
f0003598_20224967.jpg
f0003598_20225349.jpg
前へ進もう。
もちろんしっぽピーンを忘れずに!

見えないだけで、
私にも、あなたにだって、
素敵な尻尾があるのだよ!

頑張ろう北海道

by rucolaperla | 2018-09-15 22:22 | Trackback | Comments(0)

頑張ろう北海道

f0003598_20183211.jpg
f0003598_20183600.jpg
f0003598_20184810.jpg
f0003598_20184056.jpg
f0003598_20190843.jpg
f0003598_20191202.jpg
前へ進もう。
もちろんしっぽピーンを忘れずに!

見えないだけで、
私にも、あなたにだって、
素敵な尻尾があるのだよ!

頑張ろう北海道

by rucolaperla | 2018-09-14 22:22 | Trackback | Comments(0)

f0003598_19324843.jpg
3月7日 地震発生翌朝、
前日早く寝すぎたせいか、
4時前には目が覚める。
さすがにもう復旧しているだろうとブレーカーあげるも、
何も変わらぬ。
外に出てみると、
近くの信号と街灯は点灯している。

もしかして、この建物だけ?

と不安になるが、
とりあえず、世間的にはまだ真夜中。
どうしようもない。
ただ、
スマホでネットがつながるようになっただけでも
とてもいい朝に感じた。
地下鉄はどうだろう。
昨日は普段どおりだったゴミ回収が
今日はないことを知り、がっかりする。
(燃やせるゴミの日だった)
前の晩に食べすぎたせいで、食欲もない。

f0003598_19381130.jpg
のんびりコーヒーだけ淹れて飲みながら、
仕事はどうなるだろうなどと思っていた。
前の晩に炊いて残った残ったご飯を小分けにして、
冷凍庫の、まだ少し氷が溶けきっていない隣に置く。
同じく残ったカレーは、諦めることにする。
懐中電灯で、少し生暖かくなった冷蔵庫の中を照らし、
少しだけ贅沢に充実させて作り置きの置かずをながめ、
ゴミになっちゃったなと、ひとつため行き。
でもすぐに、
料理をして楽しんだんだから、それだけでもラッキーと気づき、
気持ちを切り替える。

停電中なのでシャワーは無理で、
お湯をわかして髪を洗う気力もなし。
とりあえず、顔をあらったり、メルと遊んだりと
だらだら過ごしていると、
ボスから「タクシー出勤」の命令。
慌てて身支度をし、冷凍庫からバゲットを二切れと
冷蔵庫からジャムとチーズ(ちょっと不安だったけど、とりあえず)
ミニトマトを持って、家を出る。
こんな時、タクシーなんてひろえないよなと思いつつ。
一応ボスには、「地震後の事務所も心配なので、とりあえず出勤する。
タクシーひろえない可能性も高いけど、その時は徒歩になるので少し遅刻する。
(それでも、いつものボスの出勤時間よりは相当早いはず)
ただ、自宅は未だ停電中なので、私はブレーカーを落としてきたけれど、
集合住宅なので、他の部屋のこともあり、通電火災が不安だから、
(もしもの時、私には猫を救出する使命がある!)
今日は早く帰宅する。(有給休暇は消化しきれないほど残っている)」
と伝えたところ、「今日は時短営業にしましょう」とボス。

日ごろの行いがいいのか、ラッキーにも、家を出て5分も経たずにタクシーに乗車。
クレジットカードが使えないというので、慌てて財布を確認すると、1393円しかない。。
地震前夜、冷蔵庫収納等のためと、100均であれこれ買いすぎたんだった。
運転手さんに行き先の事務所住所を告げると、たぶん大丈夫ということで、出発。
1390円のところからは歩くので、そこで停めてくださいとお願いする。
実際は、ワンメーター手前で1390円になっちゃったけど、
こういう時だからと、事務所の前までサービスしてくれた。
ありがたく、嬉しかった。

f0003598_19520356.jpg
事務所の入ったビルは、すでに停電解消済で、いつもと何も変わらず。
ただ、いつもなら一番最初に挨拶する清掃担当の方がいらっしゃらず。
たしか、市内でも被害の大きなエリア在住と聞いていたから、
来るのは難しいのだろう。
問題なくセキュリティを解除して事務所に入ると、
無造作に積んだ資料の山も、壁の額も、
これまた自宅同様、1mmも動いていないに違いない。
電子機器をひと通り確認し、問題ないことをボスにメール。
何事もなかったように普通に業務をしているところにボス登場。
とりあえず、オフィシャルな営業は1時半までにするから留守電メッセージ用意してと指示されたので、
その頃には帰宅できると思い、お昼休み&ランチは抜きで仕事を片付けようと、
一応頑張ってみるが、前日一日予定外に休んだ後なので、
次から次と、雑務が増える一方。
そして、ボスは「天気悪くなりそうだから、早く帰りなよ」と帰っていく。
ボスの職種の人方(まぁ、社会的にはそれなりに地位のある個人事業主)は、
アタマを使わない事務作業など、瞬時に終わると本気で思っているので、
きっと、ボス自身に悪気はないのだろう。
なぜさっさと片付けて帰らないのだろうと、きっと思っているのだろうが、
終わらないものは、終わらない。
今年から事務員一人体勢だが、一人という状況とはそういうこと。
想像力の欠如。
社会的地位と優しさは全く比例しないと、再確認する。

f0003598_19590365.jpg
そんなこんなで、
ランチどころか、朝に淹れたお茶のいっぱいも飲みきれず、
結局休みなく働き、
定時時間の数分前、5時36分にタイムカードを押して事務所を後にする。

帰宅途中、無性に冷たい飲み物がほしくなり、
いくつかコンビニをのぞくが、休業中、あるいは長蛇の列。
並ぶほどのことではないので、午後再開された地下鉄で帰宅。
少し離れたところで、自宅のある集合住宅の入口が明るいことを確認し、
走って帰り、ドアを開けるとメルが出てきた。
慌てて捕獲し、無事一緒に帰宅。
そして、すぐにブレーカーをあげ、明るいわが家との再開にほっとした。

明るさを取り戻した部屋で、
ノワとメルが一緒懸命柔らかご飯を食べているところを見て、
ふと力が抜けて、泣けてきた。
良かった。
たかだか一日ちょっとの停電。
自分で自覚していた以上にストレスだったんだなと気づき、
呆れる。
そういえば、暗いのは子供の頃から苦手だった。
本当に明るいって最高だ。

久しぶりに見るテレビも早々に消し、
冷凍庫でわずかにのこっていた氷と水でビールを冷やし、
冷凍庫から救出した豚肉と生麺、
野菜室で頑張ったたっぷり野菜とで、
ヘルシーな具だくさんラーメン(半ライスつき)で夕ご飯。
とびきり美味しかった。

冷蔵庫の整理は明日にしよう。
なんだかつかれきって、
その日も早々に寝た。

結局、私の被害といえば、
冷蔵庫の食材を廃棄したぐらい。
この程度、全く被害がないに等しい。
現在もまだ不自由している方もいるし、
大きな被害に途方を暮れている方々、
そして、
何よりも大切な人を失った方々のことを思うと、
よわっちい自分が本当に情けない。

ちっぽけな自分、
できることは多くないが、
被害に遭った方々みんなに心を寄せて、
どうか一日でも早く穏やかで平和で暖かい日常に戻れるよう、
祈りたいと思います。

教訓
もっと強くなろう。
愛する猫たちのために、
ノーと言える強さももとう。
そして、
佳き人になろう。
あのタクシーの運転手さんみたいに、
優しい人になろう。

f0003598_20172684.jpg



by rucolaperla | 2018-09-13 22:22 | Trackback | Comments(0)

今日も、明日も、明後日も、いつも親ばかな家猫写真館