「日がかげるのが早すぎですね」
f0003598_18122539.jpg


オトナの修学旅行的プチ撮影旅、最終回です。

f0003598_18133152.jpg

中札内で高速に入った後、占冠でいったん降り、
赤岩青巌峡へ到着したのは2時30分。

f0003598_18185476.jpg

残念ながら、すでに陽は随分かげってしまっていました。
それでも、派手さはないものの、この季節らしい美しさ。

f0003598_18193747.jpg

でも、電線はじゃま。

f0003598_18202274.jpg

赤い落ち葉、カラカラな落ち葉。

f0003598_18204744.jpg

ちっちゃな、箱庭のような滝をみつけた。

f0003598_18211476.jpg

丸く結んだ枝。

f0003598_18228100.jpg

山の奥には、真っ赤に色づいた木も。

そんなこんなで30分ほど撮影を楽しみ、帰路へ。

f0003598_18232829.jpg

車窓からの眺めを楽しみながら。

f0003598_1824576.jpg

途中、細かな雨も落ちてきました。
煙った山が、日本画のように美しかった。

f0003598_18245325.jpg

そんな、1泊2日のプチ撮影旅でした。
ドライバーさん、おつかれさまでした。

(おわり)
by rucolaperla | 2015-10-27 22:22 | すこし遠出 (お泊まり編) | Trackback | Comments(2)

「札幌、初雪ふったよ」
f0003598_17365391.jpg

オトナの修学旅行的プチ撮影旅、つづきです。
2日目(10月18日)、宿を出た後、
前日寄れなかった襟裳岬へ。

f0003598_17385323.jpg

雲が多めながら、比較的穏やか、
朝日の道が美しいです。

f0003598_17391496.jpg

霧にじゃまされず、ちゃんと先っぽまで見ることができました。
(昨年の夏と今年の春は、何にも見えなかったのです)

f0003598_17404846.jpg

そんな襟裳岬です。

f0003598_1741198.jpg

ラブラブなカラスも居ました。

さて、襟裳岬を後にし、一行は帰路へ。
といってもかなり遠回りです。
いつもは来た道を素直に戻りますが、
今回は、十勝を周るとのことです。
なんたって、紅葉の季節ですから。

ということで、広尾町方面に向かい、黄金道路を走ります。
黄金を敷き詰められるほど、建設に莫大な費用を投じたことで(道内では)有名な、
道路です。

広尾町に入ってすぐ、道路沿いに滝がありました。
f0003598_17451113.jpg

フンベの滝というようです。

f0003598_17465680.jpg

迫力には乏しいけど、細く長い、それなりに美しい滝です。

f0003598_17472163.jpg

あ、レインボー♪

f0003598_1747378.jpg

こちらにも。

f0003598_17474920.jpg

でも、やっぱり私は海がいい。
黄金道路というと、波が高いイメージがありましたが、
今日は穏やかに光る海。

f0003598_1748556.jpg

太平洋、いいですね♪

(つづく)
by rucolaperla | 2015-10-25 22:22 | すこし遠出 (お泊まり編) | Trackback | Comments(2)

「旅はいつも食べすぎます」
f0003598_2102377.jpg


オトナの修学旅行的プチ撮影旅、つづきです。
2日目(10月18日)、
前日夜ふかししたにもかかわらず、ほぼいつもと同じ時間に目がさめる。

窓から海が望めるのは前夜確認済だったので、
ワクワクしながらカーテンを開けました。

f0003598_2121329.jpg

5:41 空はうっすらピンク。
でも、太陽は見えません。
青空も広がっているけど、雲も多い、そんな天気。

f0003598_2132148.jpg

5:44 太陽が顔を見せてくれました。

f0003598_2135598.jpg

5:46 昨夜の夕陽のような、愛らしく女子力高いルックスです。
(二重になっているのは、ガラス越しの撮影だから。悪しからず- 笑)

f0003598_2145393.jpg

5:54 残念ながら、雲に隠れてしまいました。

f0003598_2155647.jpg

海の色もほんのり色づいてきて、ますます女子力アップ。

f0003598_2162621.jpg

6:02 飽きずに眺めていたら、またまたお顔を出してくれました。

f0003598_2165657.jpg

6:06

f0003598_217682.jpg

6:09 またお隠れ。
にしても、良い一日のスタートです。

f0003598_217358.jpg

お宿の朝食です。
昨夜あんなに食べたのに、ちゃんと完食です。
朝から新鮮なイカ刺しまでいただけて、嬉しいかぎりです。

(つづく)
by rucolaperla | 2015-10-23 22:22 | すこし遠出 (お泊まり編) | Trackback | Comments(0)

「美味しいはうれしい」
f0003598_20373761.jpg


オトナの修学旅行的プチ撮影旅、つづきです。
1日目(10月17日)、
えりも町のウエストコーストでサンセットを楽しんだ後、宿へ。

f0003598_20391865.jpg

宿のアイドル犬、ダイキチくん。

宿では、某大学のH田先生のご一行さまと合流。
この日はH田先生ご一行さまの貸し切りとのこと。
H田先生にはいつも写真展等でお世話になっていて、
夏にえりも町でのグループ展に参加させていただいたご縁もあり、
今回お声をかけていただいたのでした。

で、早々に夕食です。
この日は特別メニューの海鮮バーベキュー!!(in倉庫)
(正直なところ、これにつられてやってきたのです へへ)

f0003598_2043299.jpg

まず登場は、大胆なチャンチャン焼き。

実は、少し前から妙にチャンチャン焼きが食べたくて、
でも、なかなか一人食では作れなくて、、、
なので、これを見た時は、本当に感動しました。

f0003598_20441027.jpg

美味しくいただきました。
(もちろんお刺身もあるよ)

f0003598_2046455.jpg

本物のししゃもにほっけ。

f0003598_20462250.jpg

カニにタコ!
(タコが思いがけずすこぶる美味でした)

f0003598_20465835.jpg

このグロテスクな彼はハッカク。
好きなサカナだけど、味噌味でいただくのは初めてでした。

すっかり写真撮るのを忘れちゃったけど、
このほかにも、手作りのすじこや、アラ汁、そして海鮮だけじゃなくエゾシカまで!
もう、すぐおなかがはちきれそうになってしまいました。

で、腹ごなしに外に出て、ほんの少し歩いて空を見上げると、
それはそれは美しい星空が広がっていて、
本日一番のごちそうとなりました。
だってね、天の川を見るのは人生2回目なんです(中学校以来)。
感激でした。

あいにくそれなりの撮影装備はなかったけど、
とりあえず持っていたミラーレスで適当に撮ってみました。もちろん手持ちなのでブレブレです。
f0003598_205245.jpg

とりあえず、記録だからいいのです(笑)

f0003598_2053240.jpg

f0003598_2053785.jpg

旅のおともの「ねこあつめ」キャンディー。
旅のはじめに、写友がみつけてきてくださいました。
ルコたんとペルたんがいるじゃん♪
本当に良い休日です。
(1日目終了)
by rucolaperla | 2015-10-22 22:22 | すこし遠出 (お泊まり編) | Trackback | Comments(0)

「春も秋も、どの季節も愛おしいのです」
f0003598_20192247.jpg


オトナの修学旅行的プチ撮影旅、つづきです。
1日目(10月17日)、
本日最後の撮影地であるえりも町西海岸に到着したのは4時半少し前。
ちゃんと日のいりに間にあいましたよ。

f0003598_20255718.jpg

16:20

f0003598_20262570.jpg

16:32

f0003598_20263735.jpg

16:38

f0003598_20265077.jpg

16:41

f0003598_2027122.jpg

16:42

この場所で日没を迎えるのは昨年春以来。
前回は、もっとのんびりサンセットを楽しんだ気がしたけど、
やはり秋はあっというまに沈むんですね。
それから、春には地面が黄金色に染まって、
それはそれは美しくて美しくて心から感激したけれど、
秋の今回は、穏やかに、ひっそりと沈んでいった感じがします。
派手さはないけれど、ほんのりパステル調の柔らかい夕陽も、
それはそれで確かに素敵でした。
やっぱりね、えりもはいいな。
どんなサプリメントよりも心に、身体に、効くのです。

f0003598_20293097.jpg

またシカさんみつけた。
(わかりにくいけど、4名いました)

f0003598_20295744.jpg

太陽が隠れた後の空には、美しい三日月さまが。
夜になっても、まだまだ美しい空が続いているのです。
素敵だ。

(つづく)
by rucolaperla | 2015-10-21 22:22 | すこし遠出 (お泊まり編) | Trackback | Comments(2)

「北海道はでっかいど-なんです」
f0003598_19453734.jpg

オトナの修学旅行的プチ撮影旅、つづきです。

1日目(10月17日)、様似町の幌満峡エリアへ到着したのは2時過ぎのこと。
おかげさまで、朝からの晴天が続いてます。ふふ。

f0003598_19485281.jpg

自分的撮影スタイルというものがあれば、
私の場合、ひとりでのんびりフィルム(中判)使い、というのが基本ですが、
今回は、潔くデジタルオンリーで出かけました。
少し大きめの一眼レフと、ちっちゃなミラーレス。
でも、交換レンズを何本か持ったので、それなりの重装備となりました。

f0003598_19512473.jpg

でも、細かいことは気にせずにガンガンと撮るのも楽しいですね。
これぞ風景という写真を撮るのは大の苦手なんですが、
とりあえず、楽しんだモノ勝ちということで。

f0003598_19534866.jpg

で、幌満川の清らかさに感激し、
映る景色の美しさに夢中になってしまった。

f0003598_19554090.jpg

やらせの水紋も楽しい!

f0003598_19564742.jpg

すすきを私らしくなくローキーで切り取ってみたり。

そして、3時過ぎには幌満ダムに到着。

f0003598_19575991.jpg

苦手な広角レンズも、この際練習だと思い、ガンガン使ってみました。
手強いけど、風景苦手だけど、食べず嫌いはやめて、
何事にもチャレンジしなくちゃ成長はない(と、一時的に思ってみたり)

f0003598_2023055.jpg

さて、肝心の紅葉。
すばらしく美しく色づいた山、というよりは、
枯葉色に染まった山という感じではあったけど、

f0003598_203238.jpg

それはそれで、北海道の秋らしくて、いいものです。
気持ちのよい青空だったし。

f0003598_2045610.jpg

ただ、この時期は日脚が短く、すぐお日さまがかげってしまうのは残念ですね。

そんなこんなで、4時前には出発し、隣町のえりも町を目指します。
太陽がどんどん落ちてきて、少々焦る(笑)

f0003598_2011751.jpg

途中、シカさんと目があった(車窓から)

f0003598_20112636.jpg

君、何してるの?

(つづく)
by rucolaperla | 2015-10-20 22:22 | すこし遠出 (お泊まり編) | Trackback | Comments(0)

「私たち、良いこでお留守番していましたよ」
f0003598_1917487.jpg


週末、写真仲間数名と、
えりも岬まで、1泊2日の撮影プチ旅でした。
なんというか、私的にはサークルの課外活動、あるいはオトナの修学旅行的気分です。
もちろん猫たちはお留守番。1年半ぶりのお留守番です。
冷え込みが気がかりでしたが、幸い、この週末はおだやかで暖かでしたので、
安心しました。

1泊ながら、デジタルカメラでたくさん写真撮ってきたので
(というか、写真選べないので)
少し長くブログ更新します。
おつきあいいただけましたら幸いです。

f0003598_19201083.jpg

すっかり秋色に染まった札幌を8時に出発し
(といっても、私は運転免許すら持っていないので、ドライバーさんに甘えっぱなし)
高速で日高に向かいます。(どこで降りたのかは不明)
(たしか)2時間ほども走ると、右手に太平洋が見えてきて、
幸せな気分になりますね。

途中、新冠町の道の駅でひとやすみしたり(お茄子を買った)、
美味しいと評判らしい鳥の空揚げを食べたり(うわさどおり美味でした)

f0003598_19212767.jpg


f0003598_19264372.jpg


新ひだか町の三石ではお約束の羊羹を買って(美味しいのですよ)
海辺で少し撮影タイム。

f0003598_19265540.jpg


f0003598_192729.jpg


海のキラキラを楽しんだ後、またしばらく日高を走ります。

f0003598_19271334.jpg

日高はお馬さんの町。サラブレッドがいますよ(車窓から)

f0003598_19291845.jpg

1時過ぎには浦河町へ。

f0003598_1930159.jpg

浦河では、さっぱりとお蕎麦でハラゴシラエ。
偶然みかけたお店でしたが、けっこう美味しいお蕎麦でうれしかった。

その後、えりもの隣町の様似町にはいります。

f0003598_1930517.jpg

様似での、1番重要なミッションは中村おやき店さんのおやき。
今回も美味しくいただきました。

そして、様似町の次の目的地幌満峡エリアへgo!
f0003598_19325925.jpg

(次回へつづく)
by rucolaperla | 2015-10-19 22:22 | すこし遠出 (お泊まり編) | Trackback | Comments(2)

久しぶりの海

「私って賢いんです」
f0003598_22103136.jpg

「でかける直前、いけずなルッコラに泣かされた。」

f0003598_22105867.jpg

「ブキミちゃん(ドラマチックトーン)」

f0003598_2215527.jpg

「荒れた積丹の海」

f0003598_22112727.jpg

「天使のハシゴ、わかるかな ^^」

f0003598_22114097.jpg

「2日は、晴れたり、雨が降ったり、雪になってたり」

f0003598_22115024.jpg

「かわいいやつらに出会えたり」

f0003598_2212156.jpg


「こちらは小樽の海。前日よりは波は穏やかで、海の色がきれい。」

f0003598_22121394.jpg

「集団行動にちょっと疲れ、帰宅途中、中島公園へ。
 シャッターを押してクールダウン。」

ちょっと更新おさぼりしていました。
週末、いつもお世話になっている写真屋さんが企画した
白黒合宿なるものに参加してきました。
白黒フィルムなんて年に数本しか撮らないし、
白黒が似合うかっこいい写真とは縁がないので、
自分には場違いかなと思いつつ、
暗室での、現像→手焼きの作業を一度見てみたくて、つい参加。
あいにくの天気で、何よりも寒くて寒くてめげそうになったけど、
(宿泊した岩内では朝アラレが、帰り道通ったニセコでは雪が)
海はやっぱりいいですね(って、今回は遠くから眺めただけだけど)。
もちろん、暗室作業は、なかなか興味深いものがありました。

ルコの悪行については、また後日。

いつもご訪問ありがとうございます。
今日も素敵な一日になりますように ^^
by rucolaperla | 2011-10-05 07:00 | すこし遠出 (お泊まり編) | Trackback | Comments(0)

「バカンスはやっぱり雨」
f0003598_11211675.jpg

9月19日(日)
AM7:00 起床
AM8:30 外の雨を恨めしく思いつつ、朝食を取りに1階へ。
昨夜同様,普通に美味だが函館らしさ皆無の朝食を食べる。
(本当はイカが食べたかった。)
f0003598_11224865.jpg


晴れていたら、啄木も愛したという大森浜まで足をのばしカモメと戯れたいと思っていたが、
雨の中,海岸を歩く気にはならず。
かといって、函館の町中散策という気分でもなかったので、
予定どおり大沼へ行くことに。

AM9:52 特急北斗5号 大沼公園に到着。
列車は自由席もガラガラに空いていて、
このまま札幌まで帰ってしまいたい衝動に一瞬駆られたが、
それもこれもお天気のせい。
予報では10時頃には雨は止むといっていたものの、
小雨ながらも雨があがりそうな気配はない。
これならまだ函館の町に居たほうがよかったかもと思い直し、
AM10:50発の次の列車で函館にもどることに。
そんなわけで、この旅最大の目的だった大沼公園散策はわずか50分ほどとなってしまった。
f0003598_11461793.jpg

それでも、これがけっこう楽しかった。
たとえ雨模様でも、島が点在する湖の光景は素晴らしい。
気がつくと、写真もたくさん撮っていた。
途中転んだりもしたがカメラも無事で全然平気。
気分も次第に上昇し、ようやく旅気分が盛り上がる。

AM11:12 特急北斗4号 函館に到着。
駅のキオスクで職場用の小さなお土産(トラピストクッキーが好き)を買う。
荷物を預けた後、市電に乗って五稜郭公園へ。
f0003598_11522645.jpg

公園までは駅から15分ほど歩く。
ここはオフィス街なのか、駅前よりずっと栄えている感じ。
ちょっとだけ、地下鉄琴似駅前の雰囲気に似てるかな、なんて思いながら歩く。
(プチ都会的な感じ?)
途中セブンイレブンでお菓子とフィルムを買う。
当たり前だけど、フィルムは愛用銘柄はなかった。仕方がない。
函館に来て初めてのコンビニにほっとする。

f0003598_1156060.jpg


More
by rucolaperla | 2010-10-03 12:34 | すこし遠出 (お泊まり編) | Trackback | Comments(1)

「函館の妖精」
f0003598_20451886.jpg

9月18日(土)
AM7:50 自宅出発。
AM8:34  スーパー北斗6号 函館へ出発。朝から空はピカピカの青空。
AM11:54 定刻通り函館到着。結局移動中はずっと晴れていた。
ホテルへ向かう途中、「満来亭」でもやし塩ラーメン(800円)を食す。あっさりとして美味。

f0003598_2046788.jpg

店の近くにあった函館の妖精(宇多花織作)というブロンズ像がかわいい。
宿泊するホテルは駅から8分というが,歩いてみるとけっこう遠く,
ホテルの周囲はかなりさびれた感じで近くにコンビニもなく、テンションが少し下がる。
PM12:30頃 ホテルに荷物を預けて出発。元町あたりを散策する予定。
ホテルを出るとすぐ市電の「松風町駅」があり,ちょうど電車が到着したところだった。
行き先を確認もせず,飛び乗る(悪いクセ)。
案の定,動き出した電車は「谷地頭」行で,
途中「十字街」で一度下車。
その際,市電の一日券600円を買う。
(結局3度市電を利用せざるを得なくなったので,このほうが若干得である。)

まもなくやってきた「函館ドック」行の市電に乗り,「大町」で下車。
町並みよりも,教会よりも,坂よりも,何よりも先に海が見たかったので,まず『緑の島』へ。

f0003598_20532564.jpg


しかし,そこは想像していた島とは少し様子が違っていて少し残念。
一回りすることもなく,すぐ島を出て歩き始める。

そういえば,島に到着した頃まではまだ太陽は出ていたはずなのだが,
この頃は,すっかり雲が空を覆っていた。

f0003598_20561287.jpg


歩いて『旧イギリス領事館』へ。
正直それほど期待していなかったが,ここはかなり見応えがあった。
建物の青いドアと窓枠はまさにツボ!屋内も充分楽しく、
小さなおじさんのいる「領事執務室」など最高。
ただ,中庭のバラがほとんど咲いていなかったのは残念。
札幌大通公園のバラ園では秋のバラが美しく咲いているので,
少し期待していたのだが。。
今度はぜひ,初夏に来てみたい。
そして,今回はパスした一階のサロンでアフタヌーンティーをしてみたい。

More
by rucolaperla | 2010-09-26 21:43 | すこし遠出 (お泊まり編) | Trackback | Comments(2)

今日も、明日も、明後日も、いつも親ばかな家猫写真館