Confiture に夢中  (イチジク編)

                        「ぼくのママも、ジャム作り上手なんだ。」 フランチェスコ
f0003598_22241146.jpg

先の週末会ってきたフーは、もう仔猫時代の面影もなく、男らしい顔つきに。
まだ4ヶ月足らずなのに、男の子の成長は早いのです。
実家の母にべったりで、やっぱり一番好きなのは母。おかあさんと思っているのでしょうね。
ということは、そうか、フランチェスコは私の一番下の弟だったんだ。。。

ところで、スーパーや百貨店の果物売場では、日々秋の面々が揃いつつあります。
そんな中、今回選んだのはイチジク。
漢字で書くと無花果、英語ではfig、フランス語ではfigue。
よく耳にはするけれど、私にとっては今まであまり馴染みのない果物。
サイトで調べてみると、実は色々と健康に良い効果があるらしい(とくに便秘にいいらしい)。
f0003598_12131872.jpg

実は、スーパーで買ってからジャムを作るまで4日間、冷蔵庫に入れっぱなし。
保存が難しい果物らしいので、買ったその日に煮てしまうか、
あるいは皮をむいて冷凍しておけばよかったかも。
ちょっと柔らかくなりすぎてしまい、写真映りも今ひとつです。

f0003598_22245091.jpg

                       「ところで、ボクは寝ている写真ばかりじゃないの」 フー
                       「だって、寝てないと撮れないでしょ」 かあちゃん ねえちゃん





さてさて、本題に戻ります。ジャム煮です。
手持ちの、いがらしろみさんのジャム本の中だけでも、カシスやマロングラッセ、オレンジピール、ブルーベリー、赤ワインにシナモン、カルバドスに黒砂糖 と、イチジクだけでも色んなレシピが紹介されています。
といっても、あまり馴染みのない果物、最初は単品だけで作ってみることに。

f0003598_12134680.jpg


私も比較的長く生きているので、今までに生イチジクを口にしたことはあったかと思います。
だけど、自分で皮をむいたのは間違いなく初めて。
一口食べてみると(食べ頃を過ぎたせいかもしれませんが)、正直、あまり美味しくない (><)

美味しくないから砂糖で煮るんだよ~と、気を取り直して煮始めます。
一パック、皮をむいた状態で重さを量ると350gありました。
一度に煮る量としてはぴったりです。
砂糖は重さの65%で。ふと思い立って、半量は北海道産のてんさい糖(三温糖みたいなもの)を使います。
酸味が足りなかったので、レモンは一個分絞りました。

そして、はい、できあがりです。
f0003598_1214728.jpg

色は、透明感があって、オレンジとピンクのニュアンスを感じる軽い赤、といった感じでしょうか。
ちょっとだけスモーキーな感じもあります。
あら熱が冷めてから一口味見をみると、あら、以外と美味しいです。
生で食べた時の風味とは全然違うように感じます。
多少えがらっぽい感じもしますが(食べ頃を過ぎていたからかも)、私としては、それほど気にならず、けっこう好みです。
酸味が少なく、和風の風味も感じるので、白玉や寒天なんかにも合いそうですが、
手軽なところで、クラッカーとヨーグルトで試食。

f0003598_12142334.jpg

なんといってもヨーグルトが美味でした。
またまたしばらく楽しめそうです。
f0003598_12144314.jpg


今度は、どんべい村のママchanみたいに、他の果物とのコンビネーションも楽しみたいです。
ママchanのはブルーベリーとのコンビネーション。
かくし味の赤ワインの風味もきいて、きっと美味しいだろうなぁ。
トラックバックURL : https://omakeneco.exblog.jp/tb/3291352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by apr12pixtupi at 2006-09-11 22:54
イチジクは悪く成りやすいので、扱いにくいかもしれませんね~
でもイチジクだけの単品の方が色が綺麗・・・
ブルーベリー入れると、みんなその色に染まりそう~
てっきり、シナモン&ワイン入れたのかと思っていました。
フーちゃん、すっかりお髭に見えますね~
Commented by belgium44 at 2006-09-11 23:19
フー君、すっかり大人の容姿になりましたね~。
仔猫ってすぐに大きくなるのね。
そうか~、ルコペラさんは母ちゃんじゃなくて、ねえちゃんなのね~。
母ちゃんは、ルコペラさんのお母さんなんですね。
そしてこちらでも、イチジクのジャムではありませんか。
みんなそれぞれ工夫してるなぁ~。
イチジクのみだったら食べず嫌いなのですが、ジャムなら美味しそう。
私も作ってみたいけど、扱いにくそうだなぁ。
それに、レシピないと作れないのよ~(-_-;)
水玉のお皿も素敵ですね。
Commented by miimii102 at 2006-09-12 11:33
いちじく~!ワタシ、生では食べたことないの。
ドライならあるのですよ。甘酸っぱくて結構美味しかったなぁ~。
ジャムの色も軽い赤でキレイだね^^
やはりヨーグルトはどんなジャムも相性がいいのかな^m^
フーちゃん、やっぱ寝てるときが一番ラクに撮れますよね^^;
実家のお母様にはべったりなの?!いいね~^^
可愛くて仕方ないでしょうネ~♪

↓こんな可愛い食器でお食事!
ワタシもネコになりたい(笑)。
ウチも何か違う食器にしてあげようかなって思うくらいそそられました~!



Commented by mameshibawanwan at 2006-09-12 12:47
いがらしろみさんのいちじくのジャム、夕べ教育TVで見ましたよ!!
この間は南瓜のを作ってた気がします。 
ジャムを作るときの甘味もいくつか紹介したりして、とてもわかりやすいレシピでした。 
フーちゃん、大きくなったね♪ 寝てないと撮れないって言うのはよくわかる!!!コネコはみんな元気ですもんね。
Commented by claraY at 2006-09-12 18:17
私もいちじくという果物そのものが好きです。
ケーキにのってると、これがまた美味しいのよね~~~
ジャムもきっと・・・ですね!
Commented by neko_pen at 2006-09-12 22:08
イチジク、大好きです。よく熟れて、パカッと割れているのが
おいしい・・・自然の甘みがとってもいいのです。ジャムになると、
もっと凝縮されたおいしさでしょうね。

フーちゃんのまだ寝起きのようなおめめは、ナンテきれいなブルーなのでしょう!
Commented by やしち at 2006-09-12 23:56 x
イチジクって、食べたことないような。
これもジャムになるのですね。
フーちゃん、愛情独り占めでいいですね。
これからの成長楽しみ、でも男の子はやんちゃなので、
悪戯に要注意ですよ(経験者は語です)
Commented by rucolaperla at 2006-09-24 13:15
☆皆さん、いつもコメントありがとうございます。
イチジクのジャムは思いのほか美味しかったです。
実そのものは今ひとつと思いましたが、
アチラこちらで、生のイチジクが美味しいと伺いました。
今度は買ってすぐに食してみたいと思います。
先週、今週とジャム作りお休みしました。
冷蔵庫が少し寂しくなったなぁと思っていたら、夕べジャムを煮ている夢をみました。何故かキンカンの(笑)
来週はまたコンフィチュール作り、再開します。
by rucolaperla | 2006-09-12 00:02 | 甘い誘惑 | Trackback | Comments(8)

今日も、明日も、明後日も、いつも親ばかな家猫写真館