小樽にゃん 2015 #7(イクラちゃん)

「なぜ私の名前はサラダの葉っぱなのか知ってますか?」
f0003598_1313344.jpg


うみまち、ねこまち小樽には、にゃんと出会えるエリアがいくつかある。
昨年から飽きずに通っているこちらの漁港のまちでは、
住民と寄り添って暮らしているにゃんたちに逢えるのが、嬉しい。
札幌でも、いわゆる猫おばさん、猫おじさんと呼ばれるお世話してくださる方々と
時々出会うけど、
感謝の気持ちをもちつつも、
安易に声をかけることができない空気をもっている方が多い。
以前某公園内で、「そんなに気になるのなら、(猫を)連れて帰ればいいのに」と
少し冷たい声で言われたことが何度かあって、それがトラウマになっている。
でも、小樽の方々は、もっとおおらかでほっとする。
お世話してくださる方はもちろん、
その方々を見守る周囲の方も、みな、暖かい。
きっと、猫に優しい人がたくさん住むまちは、人にも優しくおおらかなまちなのだ。

f0003598_13113411.jpg

このエリアで一番のべっぴんさん。
もう何度も写真を撮らせていただいている。
自画自賛ながら、中にはけっこう良いと思う真四角な写真もある。
通っているうちに、けっこう近くまで近づくことができるようになってきて嬉しい

f0003598_13124257.jpg

かなり立派なボディなので、ずっと男の子だと思ってた。
少し前、ニンゲンのお母さんとお話しをする機会があり、
「イクラちゃん」という名前の女のこだということを教えていただきました。
なぜ「イクラちゃん」なのかは、聞きそびれちゃったけど。

f0003598_13141348.jpg

イクラちゃんの肉球は、きれいなピンク色。

f0003598_13152617.jpg

クールなたたずまいも、魅力のひとつ。

f0003598_13154177.jpg

そんなイクラちゃん、もう2カ月ほども会っていませんでした。
たぶん、ニンゲンのお母さんに保護され、
猫の大家族と一緒に、船小屋のおうちで過ごしているのでしょう。

ニンゲンのお母さんにお話しをうかがった時、
その少し前に、イクラちゃんの猫の家族のひとりが、
この道で車にぶつかってしまったとのことでした。
幸い、一命はとりとめた(良かった)ものの、腰に大けがをし、
その時はニンゲンのお母さんのご自宅で療養中とのことでした。

お母さん曰く、
「ぶつけたドライバーさんに、いやな思いさせるから」と
できるだけ、猫ハウス(本当は船小屋)から出さないようにと決めたのだとか。
「冬も近いしね」と笑ってた。
優しいお母さんに逢えて良かったね。

このまま、春まで逢えないかなと、少しあきらめていたのだけど、
f0003598_19593016.jpg

2か月ぶりのイクラちゃんは、相変わらずのべっぴんさんでした。

嬉しいことに、今週の火曜日、文化の日、思いがけず逢えました。
祝日ながら、ニンゲンのお母さん家族は本業がお忙しいようで、
きっと、保護されているおうち(船小屋)がお仕事の場となり、
外出が許されたのでしょう。
うれしいうれしい、そんな休日でした。
トラックバックURL : https://omakeneco.exblog.jp/tb/24628446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by milknyan1 at 2015-11-07 19:37
こんばんは( ´ ▽ ` )ノ
心温まるお話にホッコリしました。

イクラちゃん、なんでイクラちゃんなのかな?で、ルッコラちゃんは??

母さん、今晩ルッコラのサラダ作ったのよ(#^.^#)
Commented by rucolaperla at 2015-11-08 20:56
☆ミルクママさん コメントありがとうございます。
小樽はね、書ききれないほどよいねこまちなんですよ。
きっと、人々が素朴で良い人が多いのですよね。
ルッコラサラダ、私大好きなの。
で、ルッコラがわが家にやってきた時、ベランダでルッコラ栽培に熱中していたんですよ(笑)
そんな安易な名づけでした (=^ェ^=)
by rucolaperla | 2015-11-06 22:22 | 猫、いろいろ・・・ | Trackback | Comments(2)

今日も、明日も、明後日も、いつも親ばかな家猫写真館