ナツ・ノ・オワリ

f0003598_854959.jpg

昨日、年に数度しか歩かない近所の道を歩いた。
久しぶりにチェキを持って。

道ばたで控えめに咲く秋桜が愛しい。

f0003598_8542534.jpg

イガイガ栗の実。
収穫はもうちょっと先。

f0003598_8544171.jpg

一番華やかに咲いているのは、
秋っぽりオレンジの花。

この道は、動物病院へ通う道。
ウカレ過ぎた夏が終わり、
試練の秋がやってくるのか...





昨日の朝、ペルラの首もと(顎の近く)の一部が脱毛していた。
抱き寄せてよく見てみると、小豆大の堅いしこりを発見。
慌てて動物病院へ。
さらに、お医者さまの触診より、足のつけね付近にもひとつ小さなグリグリが。

場所が場所なだけに、リンパ種の疑いがあるという。
「取ってしまいましょう」ということになり、
血液検査とレントゲン。
幸い、血液検査ではひどい数値は見あたらず。
レントゲンも、ほぼ心配はなし。
ほぼというのは、腎臓が健康体より若干小さいのと(年のせい?)、
脂肪がつきすぎ(肥満体です)。
リンパ腫に多い肺への転移は、今のところ確認されず。

ただ、胃にたくさん食べ物が入っていたので
(だって、出かける直前カリカリしていたもの)、
その日の手術は断念。
切除手術は簡単なものらしいけど、全身麻酔は必須なので。
そんなわけで、手術日は次の土曜日に。

手術の後、切除された腫瘍は検査機関へ送り、
良性か悪性かを調べてもらい、
結果がでるまではさらに1週間かかる見込み。
その後の治療などは、その結果を待ってとのこと。
なので、今後2週間、落ち着かない日々が続きます。

でも、ワンコと違って、ニャンコの腫瘍は、ほぼ100%悪性なんですよね 涙
それもリンパ腫。けっして完治しない病気。
かわいいフーを奪った病気。
それが、ペルラの身にも起きようとは。。。

f0003598_8545290.jpg

当の本猫。
ひっかかないようにと、お医者さまお手製の(段ボールとさらし)首輪のせいか、
若干動きがぎこちないけど、
食欲旺盛。
ただ、病院臭いので、大好きなルコ姉にしかとされ、ちょっとブルー。
かあちゃんは、もうちょっと薬を飲ませるのを上手にならないとね。

あぁ、かわいそうなペルラ。
私のたいせつな、ペルラ。


いつもご訪問ありがとうございます。
突然のことで気が動転していまして、ごめんなさい。
でも、どんな結果が出ても、
闘病記録的なブログにはしないつもりです。
時々覚え書き程度は書くかもしれないけど。
なので、明日以降も、親ばか猫写真館的ブログを引き続き更新するつもりです。
ペルラも昔の写真で出しますが、ご理解ください。
トラックバックURL : https://omakeneco.exblog.jp/tb/14489602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rucolaperla | 2010-08-29 09:27 | チェキな日々 | Trackback

今日も、明日も、明後日も、いつも親ばかな家猫写真館