昭和新山と有珠山ロープウェイ sanpo

                          「私有地にある国指定特別天然記念物です。」
f0003598_1335293.jpg

こんばんは。
みなさん、いかがお過ごしですか?
札幌は、青空が素敵な一日でした。
でも、そろそろ朝晩は半袖じゃ寒くなりました。

さて、前回に引き続き、洞爺湖レポートの続きです。
8月7日、天気は曇りのち晴れ。
洞爺湖で遊覧船を楽しんだ後、帰りのJRまで、まだ随分時間に余裕があったので、
(夏休み中でしたので、指定席とってました。これ、正解でしたよ)
湖畔からバスで昭和新山の麓まで移動しました(15分ほどです)。

f0003598_13354446.jpg

道内の方でしたらご存じだと思いますが、
昭和新山は、戦時中の1943年、有珠山の噴火で麦畑が隆起してできた、
高さ175mの火山(溶岩ドーム)。
噴火からわずか2年あまりで生成されたそうです。

f0003598_13355978.jpg

望遠レンズでアップを見てみましょう。
ゴツゴツした赤茶色の山肌が特徴的です。

昭和新山は、現在は原則的に登るとができません。
以前は違ったようなと思い調べてみると、1977年に入山禁止となったそうです。
ただ、学習会などで、年に数回登山できる日があるようです。

f0003598_13361950.jpg

こちらの銅像は、三松正夫さん(1888年- 1977年)。
昭和新山の活動を観察記録されたアマチュア火山研究家です。
資料によると、三松さんは昭和新山を荒廃から守るために、
1948年、私財を投じてこの土地を買い取ったとのこと。
このため、昭和新山は今でも三松家の私有地にあるのです。
(私有地内の火山であることは、北海道ではけっこう有名です。)

f0003598_13363170.jpg

昭和新山には立ち入れないけれど、このエリアにはお土産屋さんなどが多数集まっていて、
これぞ’観光地!’です。
ちなみに、私の時代は、札幌の小学校の修学旅行先でしたが、今はどうなのかしら・・・・
(子供らに縁がないのでわかりません)

f0003598_13364498.jpg

さて、せっかくなので、ロープウェイで有珠山山頂をめざしましょう。
片道6分の空の散歩(?)です(残念ながら、混雑していて撮影はできず)




f0003598_13365966.jpg

↑は、ロープウェイの山頂駅からさらに5~10分ほど登ったところにある、
有珠山火口原展望台からの風景です。
この日の雲は、とても楽しかったのですよ~

f0003598_13371181.jpg

                        「ハイ、チーズ ^^」

f0003598_13372370.jpg

で、再び昭和新山登場です。
たぶん、その向こうには洞爺湖があるはずなのですが、すごい霧で見えません。

f0003598_13373533.jpg

望遠でアップにすると、こんな感じです。

f0003598_13375083.jpg

こちらは有珠山の山肌。昭和新山より黒くて、やはりゴツゴツしています。

f0003598_1338480.jpg

ちなみに、有珠山は現在も活発な活動を続ける活火山。
調べてみると、20世紀の100年間だけで4度もの噴火活動が観測されたそうです。
古い記憶では、札幌市内まで火山灰が降り、車が白くなっていたような気がします。
2000年の噴火は、みなさん、記憶に新しいのでは。

f0003598_1338166.jpg

火口原展望への途中では、なんと紫陽花が美しく咲いていました。
こんな山頂近くにアジサイ?です。
とてもきれいな青色でしたが、乾いた印象の火山にアジサイなんて、
少し違和感ありませんか?
(洞爺湖がうっすら見えます ^^)

f0003598_1338281.jpg

この階段、日ごろ鍛えていない私には、けっこうきつかった ^^;

ちなみに、ロープウェイの山頂駅のすぐ近くには、洞爺湖展望台があるのですが、
時間が足りなくて、残念ながら寄れませんでした。
昭和新山から洞爺湖畔までの、最後のバスにぎりぎりの時間だったのです。
これはとても残念。
ちなみに、バスの本数は少なめだけど、
ロープウェイは運行間隔15分で比較的本数も多いのです。
なので、このエリア散策はやっぱり、マイカー移動が一番なんでしょうね。

f0003598_13384261.jpg

昭和新山を見るのは、本当に思い出せないほど久しぶりでしたが、
なかなか楽しい昭和新山訪問でした。                

f0003598_13385641.jpg

                洞爺湖レポート、もう少し続きます。
                次回はアートな風景を♪
トラックバックURL : https://omakeneco.exblog.jp/tb/11787866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rucolaperla | 2009-08-25 21:12 | すこし遠出 (日帰り編) | Trackback

今日も、明日も、明後日も、いつも親ばかな家猫写真館
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31